米の野澤屋・懐かしい風景

東村山市は、昭和39年(1964年)4月に人口6万6千人で、東京都、13番目の市として誕生しました。

その記念行事として、市内をを各団体が参加して賑やかなパレードを行いました。

 

当時の車両性能は今のような高性能車両でないため、長時間の低速走行は大変苦手でたびたび休憩を取りながらの運行でした。それでもオーバーヒートが続出しました。


グループ会社「日本ポンプ㈱」の車両
グループ会社「日本ポンプ㈱」の車両

パレードには野澤グループで6台の車両が参加しました

休憩中のパレード車両
休憩中のパレード車両
道路状態・周囲の木立が当時を物語ってますね
道路状態・周囲の木立が当時を物語ってますね


米の野澤屋
パレードの先頭が久米川駅前・野澤屋久米川店前をまわる
米の野澤屋
パレードの警視庁音楽隊

米の野澤屋
パレードを見る、野澤屋社員の皆さん


創業時、「合名会社野澤良助商店」正面
創業時、「合名会社野澤良助商店」正面
米の野澤屋
野澤屋・公団店(現在・美住町団地)
野澤米穀卸㈱精米センター正面
野澤米穀卸㈱精米センター正面
餅製造
精米センター内での餅製造作業風景
米の野澤屋
野澤屋・久米川店(現在の西友久米川店の場所)
米の野澤屋
野澤屋・萩山店(現在・萩山団地)
精米センター内部
精米センター内部
米の野澤屋
野澤屋・野口店